「当科の橋本求教授が著書を執筆したしました。」

  • 2023.12.23

    お知らせ

    当科の橋本求教授が著書を執筆したしました。

    「遺伝子が語る免疫学夜話―自己を攻撃する体はなぜ生まれたか?」

    “自己免疫疾患(体を守る免疫が逆に自分の体を攻撃する疾患)とは、清潔で快適な環境を求めてきた人類の代償というべき「宿業の病」。そのような病が生まれたのはなぜか? マラリアやインフルエンザなど感染症との戦いの歴史、寄生虫との共生、腸内細菌叢の知られざる力、爬虫類・昆虫などとの毒を介した生存競争、脊椎動物の「顎」の獲得、ネアンデルタール人との混交、農耕革命・産業革命などの生活様式の変化……数々の驚くべきトピックとともに語る、読み出すとやめられない「遺伝子と免疫」の秘密。”

お知らせ一覧に戻る

ページトップへ戻る