お知らせ

  • 2022.04.26

    お知らせ

    医局説明会のお知らせ

    2022年度医局説明会を開催いたします。
    ■日時:5月18日(水)18時~
        6月6日(月)18時~

    ■場所:学舎13階 膠原病内科学医局&オンライン(参加者の方には後程URLを送らせていただきます。)

    ぜひ当科医局にお越しください。当日の飛び入り参加も歓迎です。
    オンライン参加ご希望の方は、 宛にあらかじめご連絡ください。
    招待メールを送らせていただきます。

  • 渡部 龍, 村上 孝作,藤崎 稔晃, 鬼澤 秀夫, 大西 輝, 田中 真生, 森信 暁雄, 橋本 求

    「関節リウマチにおけるトシリズマブによる長期関節破壊抑制効果:KURAMAコホートを用いた予測因子の同定」

  • 2022.04.01

    お知らせ

    特任助教の勝島將夫先生が着任しました。

  • 2022.04.01

    お知らせ

    特任研究員の孫紅昕さんが着任しました。

  • 2022.04.01

    お知らせ

    後期研究医の権好穂先生が着任しました。

  • 2022.04.01

    お知らせ

    前期研究医の𠮷田直史先生が着任しました。

  • 根来先生、長年にわたり膠原病内科を支えていただきありがとうございました!

     

  • Watanabe R, Hashimoto M. Perspectives of JAK inhibitors for Large Vessel Vasculitis.

    訳)大型血管炎に対するJAK阻害薬の展望を報告しました。

  • Nakayama Y, Watanabe R, Murakami K, Murata K, Tanaka M, Ito H, Yamamoto W, Ebina K, Hata K, Hiramatsu Y, Katayama M, Son Y, Amuro H, Akashi K, Onishi A, Hara R, Yamamoto K, Ohmura K, Matsuda S, Morinobu A, Hashimoto M. Differential efficacy of TNF inhibitors with or without the immunoglobulin fragment crystallizable (Fc) portion in rheumatoid arthritis: the ANSWER cohort study. Rheumatol Int. 2022 In Press

    訳)関節リウマチに対するTNF阻害薬の有効性は、Fc部分の有無で異なることを明らかにしました。

  • Watanabe R, Hashimoto M. Comment on: Pyruvate Kinase M2 as a marker of vascular inflammation in Giant Cell Arteritis

    訳)巨細胞性動脈炎における代謝酵素PKM2の役割についてコメントを発表しました。

ページトップへ戻る